二つを一つに

仕事は東京、住まいは長野。移住と通勤、日々の記録。

MENU

山暮らし5月の恒例行事。スズメバチとの戦い〜手作りトラップセット完了。

f:id:yamapan-life:20200513091726j:plain

スズメバチ巣作りシーズン到来

ゴールデンウィーク明けの我が家の恒例行事、スズメバチトラップを設置しました。私の暮らす長野県の東信地域で最も気持ち良い時期は5月!ではないかと個人的に思っています。理由はたくさんあります。新緑が芽吹き美しい、自然の活力が感じられる、日中の気温が上がり長い冬が終わった実感が持てる、山菜がおいしい、そして散歩や庭など外で過ごす時間が増えること等々。5月の前半は蚊や虫が少なく、外で過ごしても虫除けいらずで快適です。

5月はスズメバチが巣作りを始める時期。

小諸の家では毎年ゴールデンウィーク頃、庭に蜂が飛んできます。越冬から目覚めた女王バチが巣作りのために植栽や建物周りをブンブン大きな羽根の音を立てて飛んでいます。サイズも3〜4cmと大きくとっても怖いです。我が家では家の周りに巣を作られないようにペットボトルを利用したスズメバチトラップをこの時期に設置します。効果は抜群で驚くほどトラップに蜂がかかるシーズンもあります。毎年レシピを忘れてしまうので備忘録的にブログに残します。 

f:id:yamapan-life:20200513091815j:plain

なぜスズメバチが危険なのか??

スズメバチは超攻撃的です。ハチ刺されによる死亡者は直近10年間での平均は20名ほどですが、死亡事故の原因となったハチの種類のほとんどがキイロスズメバチオオスズメバチアナフィラキシーショックによる血圧低下と呼吸困難が原因。刺されてから十数分で症状が現れますが、症状が出るまでの時間が短いほど重症化する可能性が高く危険です。スズメバチは刺す以外にも毒を霧のように撒き散らす攻撃もします。その液が呼吸困難や目に入れば失明に至ることもあるようです。とにかく危険な蜂です。

(ハチ刺されによる死亡者は政府統計サイトより政府統計の総合窓口

https://www.instagram.com/p/BUeXYh7AJjB/

T.Koyama on Instagram: “酒、酢、砂糖のトラップに3日で20匹。”

 スズメバチの一年。

女王越冬→単独巣作→働きバチ羽化→巣肥大化→ポスト女王羽化→冬眠へ

狙い目は「女王越冬→単独巣作」の4〜5月

春 5月〜冬眠から目覚めた女王バチが単独で巣作りを開始。←トラップ設置

  木々や軒下、床下など雨風を凌ぎやすい部分に注意が必要。

夏 6月〜働きバチが育ちはじめ、野外活動開始。

  巣に運び込まれるエサや材料も巣の形はどんどん大きく。

秋 8月〜スズメバチが最も攻撃的になる時期。

  新女王バチの育成、多種による襲撃警戒とカリカリしている時期。 

  人間襲来による事故が最も多くなる時期。巣には近寄らないこと。

冬 10月〜働きバチはほとんど死に女王バチが生まれ越冬の準備に。

  冬眠は巣ではなく倒木や軒下など暖かい場所。薪棚なども要注意。 

5分で完成、スズメバチトラップの作り方

f:id:yamapan-life:20200513100718p:plain

作り方はとっても簡単、2リットルのペットボトルに小さな切り込みを入れ、甘く香る誘引剤を入れるだけ。4月〜5月にかけての女王バチの巣作りシーズンに備えて、軒下や庭の植木にスズメバチトラップを設置します。6月以降は女王バチではなく、働きバチが飛んでくるようになり、危険を招き入れる装置に変わってしまうため撤去します。あくまで春先の一時的な設置に止める必要があります。

f:id:yamapan-life:20200513095642j:plain

手順

1.図の通り、2リットルのペットボトルに2ヶ所、入口をつくります。

  一度入ったのに出て行ってしまうこともあるため、今年は2パターン作成。

2.酒、酢、砂糖を3:1:1の比率で混合し「誘導液」を作ります。

  誘導液は様々なレシピがありますが我が家では古い調味料を使い作ります。

3.切り込みを入れたペットボトルに誘導液を入れ、庭に設置で完了。

  誘発液の蒸発や雨水の侵入を避けるために日陰などが好ましいです。

f:id:yamapan-life:20200513095705j:plain

Aパターン 中央に切り込みを入れ、一度入ると出にくい作りに。

f:id:yamapan-life:20200513095659j:plain

Bパターン シンプルに一度折り返しただけの形状。

f:id:yamapan-life:20200513095708j:plain

お酒と酢を先に混ぜ、砂糖は少量のお湯で溶いてから混ぜ合わせます。砂糖の代わりにコーラなどの甘い飲み物をベースにする方法もあるようです。ぷ〜〜んと香れば一定の効果があるのではないかと思います。

f:id:yamapan-life:20200513091701j:plain

今シーズンは5月初旬から下旬まで設置予定です。形状毎の実績は記録として、またブログを更新します。本日5月13日時点では5匹スズメバチがかかっていました。

 

【結果報告】

5月末までトラップを設置。6月後半にはあまり姿を見なくなりトラップ終了。

f:id:yamapan-life:20200709172605j:plain

結果、58匹。

昨年の巣が近くにあった影響か、今年は恐ろしいくらい大量。その甲斐があってか庭周辺でスズメバチの姿をほとんど見かけなくなりました。巣が近くにあったシーズンはデッキで過ごしていると大きな羽の音で迫り怖くて過ごせませんでした。4〜5月にスズメバチの姿を見かけた場合は、トラップおすすめです。

f:id:yamapan-life:20200709172632j:plain