二つを一つに

仕事は東京、住まいは長野。移住と通勤、日々の記録。

MENU

new balance のスポーツサンダルの調子がよい。

ビーサンでもなく、スリッポンでもなく

梅雨が長引いていますが、本格的なサマーシーズンを前に初めて試すタイプのサンダルを夫婦それぞれ購入しました。new balanceのサンダルです。スポーツサンダルと呼ばれるカテゴリーでサンダルでありながらスニーカーのクッション性があり、しっかりと足全体にフィットするため、ビーサンのようにペタペタとルーズになりません。それでいてサンダルの開放感。約半月ほどの旅行でさっそく活躍し、とてもとても調子が良いのでメモを残します。

スニーカー感覚で使えるフィット感抜群のサンダル

爪先、甲部、踵部の3カ所でフィット調整が可能なスポーツサンダル「SD750」と「SDL600」を購入。さっそく長期旅行での移動・機内 〜 町歩き・ビーチ・プールで利用しましたがフィット感抜群でとても快適でした。海の砂など少し心配していましたが、実際は全く気にする事なくシャワーを浴びる時に丸洗いで砂も流す事ができ、ベランダで半日もあればカラッと乾いてしまいます。

写真右が「SD750」、左が「SDL600」

3カ所でフィット調整が可能、それぞれホールド位置が異なります。右の「SD750」の方が足の甲部分のホールドが1本多いため、より安定しますが、なくても十分なフィット感です。妻は写真左の「SDL600」の方がスッキリしていて良いと選んでいました。

「SD750」

「SD750」(左)、「SDL600」(右)

梅雨明けが待ち遠しいですが、お休みの日、旅行、アウトドア、ビーチ、フェス、ちょっと近所までのつっかけとして活躍してくれるアイテムです。平日は仕事も含めてほぼスニーカーの私ですが、OFFの日はこのサンダルが定番になりました。おすすめですが、WEBや直営店では欠品が続いているようです。サイズは1cm刻みのため、普段00.5cmの中間サイズのスニーカーなどを履いている場合は、ワンサイズ上をおすすめします。ジャストサイズだとバンドなどもやや窮屈に感じ、サイズ交換をしました。

shop.newbalance.jp