山暮らしのパンセ

仕事は東京、住まいは長野。移住と通勤、日々の記録。

MENU

「山暮らしのパンセ」というブログ

なぜブログをはじめるのか。

高校の頃から続く、日記兼メモ帳のようなノートが18冊もある。年1冊のペースだが、大学2年の頃からmixifacebookEvernoteなど、ウェブに記録を残す習慣がはじまり、ノートの更新は徐々に減った。

社会人からシステム手帳を持ち、そこに何でも書き込むようになる。当時の上司からメモ魔だと言われたが、否定できなかった記憶がある。

ちゃんと記録を残したい。

オーバー30となり、色々とリセットしたい気分になった。これまでのメモを見返したが、媒体がバラバラで断片的。言葉と写真も別々に保管、WEBに至ってはIDが分からなくてログインできない始末。

であれば、
唯一続いている習慣、手元のアナログメモをブログに集約し、しっかり残そう。
そういう思いはここ数年、どこかにあった。

パンセとは。

フランス語で「感想」「思索」「思想」などの訳語が辞書に並ぶらしい。と、詩人で哲学者の串田孫一の著書「山のパンセ」で読んだ。

山をめぐる随想集と紹介されているが、私も山が好きで、山の麓に住んでいる。それでいて、皮肉たっぷりなユーモアも嫌いでなく、何より思いつきのメモが多い。本ブログのタイトルを敬意を込めて「山のパンセ」をもじらせて頂くことにした。 

果たして続くのか。

私の備忘録的性質が強くなることが予想されますが、少しでも配信するテーマに関心のある方に役立てる記事作りを目指します。どうぞよろしくお願いいたします。

このブログのメインテーマは「移住」です。

参考:「山のパンセ」串田孫一 岩波文庫ほか