二つを一つに

仕事は東京、住まいは長野。移住と通勤、日々の記録。

MENU

軽井沢情報

Uターンの若手農家さん。御代田町の「星と蜂のメロン」今年分の注文は8月3日まで!

Uターン組の若手農家さん 子どもの学校を通して知り合った竹内さんは御代田町でメロンを中心に様々な作物を育てている若手農家さん。私たちと同じUターン組で長野に戻ってきた時期も、子育てがきっかけとなったことも同じ。そして子どもを通わせている学校も…

東京から友人。森林浴でふと気づかされること。

友人が軽井沢に来ると聞くと、ランチにでかけることが多い。 特にこの時期はゴールデンウィークと夏休みの狭間にあり、そこまで混雑しておらず、気候も程よく、蚊も少なく、とても過ごしやすくベストな時期だと思っている。 昨日は約2年振りにお会いする方…

上田フクロウの担々麺。一度食べたらクセになる。

上田市役所の目の前、上田城から徒歩数分、上田高校の裏手にひっそりと佇む、中華料理、福楼(ふくろう)。こちらの担々麺をはじめて食べたのは6年前ほど。辛さは控えめも、とにかく胡麻の濃厚な風味が堪らなく、クセになる味。多い時は月に1回は通うほど…

土屋鞄のランドセル。森の中の軽井沢工房店。

東京から移住して6年、長女もあっと言う間に大きくなり来春から小学生。ランドセルは何となく土屋鞄で注文すると夫婦で決めており、このゴールデンウィークに来春分の注文が迫る中、軽井沢にある土屋鞄の工房に行って来ました。とても素晴らしい施設で今時…

小諸「懐古園」名物。上から目線の桜見物。

※昨年撮影した写真を使用しています。今年の開花はまだまだです。(4/12現在) 東京の開花から遅れること約半月。毎年4月中〜下旬に見頃を迎える長野県内の桜。中でも小諸市内の懐古園(かいこえん)は、小諸城址の立派な石垣の上を散策しながら、眼下に満開…

ご当地スーパーツルヤ。定番オススメ5選。

創業127年、小諸商店街の魚屋さんが発祥。 明治25年、今年で創業127年の「ツルヤ」。小諸荒町の商店街に鮮魚店として創業し、今では長野県内に30店舗以上を展開する地元が誇るスーパーチェーン。日々の食卓、別荘ライフに欠かせない存在です。また企業として…

休日は東御をぶらり。雷電、永井、ロカベン。

休日はきまってローカルなお店の散策へ。 休みの日は子どもを学校へ送った後、その足で軽井沢、御代田、佐久、各方面に何かしらの用事や買い物やランチを兼ねて出かけることが多い。この日は軽井沢からサンライン道路でそのまま東御の道の駅「雷電」へ行き、…

ヘリでも行ける蕎麦屋「菖蒲庵」。

無性に食べたくなる菖蒲庵の蕎麦 小諸にある蕎麦屋、菖蒲庵(ショウブアン)。移住して少し経ってから地元の方に連れて行ってもらい初めて存在を知った。小諸市内でも普段は通らない地域に位置するため、全く存在を知らなかった。 瑞々しく喉ごしがとてもよ…

佐久のTETE(テテ)のパンがうますぎる。

東信地域にはパン屋がたくさん。 軽井沢、佐久、御代田、東御、上田。東信地域にはパン屋がたくさんある。移住して6年、くまなく食べ尽くしたが佐久のTETE(テテ)が妙に癖になり週1ペースで通っている。全く目立たない外観で注意していないと通り過ぎてしま…

自宅から30分。信州の冬はパウダー三昧。

雪の日の翌朝は、ふらっとひと滑り。 自宅のある小諸はさほど雪が降らない。軽井沢、御代田、佐久も同様に年間でまとまった雪は数回降るか降らないか。特に今年はほぼ積雪なし。薄っすらとした積雪が2回ほどでほぼ1日で溶けてしまい極端に雪の少ないシーズ…

軽井沢発。豆を買うと濃厚なラテがもらえる丸山珈琲。

2月14日、バレンタインデー。チョコレートに合う珈琲を求め丸山珈琲に。移住前から通うこと8年、珈琲の味はもちろん、お店の雰囲気、サービスを含めて生活に欠かせない存在。どんなお店なのか簡単にご紹介。ひと言で表すと、おいしいカフェラテがタダでもら…

星のリゾートBEB5 軽井沢オープン。丁度よくて、とてもよい。

「BEB5 軽井沢」にさっそく泊まってみた感想。 2月5日にオープンした「BEB5軽井沢」(ベブファイブ)、家族でさっそく利用してみた。星のリゾートが展開する高級路線の施設とは異なる、新たなコンセプトを持つ宿泊施設。35歳以下であれば割引がありシーズン…

氷点下の日々。気温0℃は暖かい。

12月から3月まで、朝晩は基本氷点下に。 長野県は広い。私の住む東信地域は積雪は少ないものの特に寒さが厳しい地域。特に寒い日は−10℃を下回る。3年前に記録した−14℃が経験上最も寒かった。時に寒さが緩む日もあり、0℃の日は暖かく感じる。信州の冬は寒いよ…