二つを一つに

仕事は東京、住まいは長野。移住と通勤、日々の記録。

MENU

日々のこと

中棚荘。懐古園ウラにいい湯ありました。

島崎藤村ゆかりの宿 小諸の懐古園近くにある中棚荘。島崎藤村ゆかりの宿として知られています。食事処のはりこし亭には友人が来る度にでかけていましたが、お宿、お温泉はタイミングが合わずなかなか利用させてもらう機会がありませんでした。「もっと自分を…

望月のGUSK(グースケ)。辺鄙なところにあるイタリアンレストラン。

知る人ぞ知る話題のお店。 佐久市望月にあるイタリアンレストラン「GUSK」グースケ。オーナーシェフがソロで営む、地域に根ざしたアットホームなお店です。存在を知ってから1年、先日ようやく足を運ぶことができました。店名はイタリア語のGUSTO(グースト)…

小諸で一番美味しい蕎麦を求めて。

そばが好きです。 うどんも好きです。特に秋田の稲庭が好きです。ラーメンも好きです。神泉のうさぎが好きです。小諸に移住して思ったこと、そば屋が多い。当時は正直、そばはさっぱりし過ぎていてあまり好んでは食べませんでした。が、もう若くなく、年を重…

小諸は硬水!?「弁天の水」へ希少な軟水を汲みに。

小諸は硬水!?に移住して水の違いに驚いた。 6年前に移住して間も無く、家の水道水で洗車し、拭き上げて少し経つと、窓に白い斑点が浮かび上がった。話を聞くと、小諸は硬水の地域が多いらしい。これまでの人生で水道水の質など、気にもしたことがなかった…

スモモも桃も桃のうち。直売所「浅間のかおり」へ調達に。

信州は果物王国。スモモは収穫量全国1位、シェア6割! りんご、ぶどう、もも、ブルーベリー、いずれも収穫量トップクラス。中でもはシェア6割とダントツの日本一。ちなみに二位はシェア3割の北海道。私の住む東信地域では7月頃から様々な品種が直売所に並び…

Uターンの若手農家さん。御代田町の「星と蜂のメロン」今年分の注文は8月3日まで!

Uターン組の若手農家さん 子どもの学校を通して知り合った竹内さんは御代田町でメロンを中心に様々な作物を育てている若手農家さん。私たちと同じUターン組で長野に戻ってきた時期も、子育てがきっかけとなったことも同じ。そして子どもを通わせている学校も…

new balance のスポーツサンダルの調子がよい。

ビーサンでもなく、スリッポンでもなく 梅雨が長引いていますが、本格的なサマーシーズンを前に初めて試すタイプのサンダルを夫婦それぞれ購入しました。new balanceのサンダルです。スポーツサンダルと呼ばれるカテゴリーでサンダルでありながらスニーカー…

家族旅行の必需品、BRIEFINGのパスポートケースでストレスフリーに。

毎度手間取るパスポート出し入れ問題。 夏休みシーズンも間もなく本格化。我が家ではひと足早く休暇を取り、ホーチミン、ダナン、ソウルとそれぞれ3〜4泊の周遊旅行に行ってきました。家族4人、パスポート4冊とチケット4枚。チェックインカウンター、セ…

東京から友人。森林浴でふと気づかされること。

友人が軽井沢に来ると聞くと、ランチにでかけることが多い。 特にこの時期はゴールデンウィークと夏休みの狭間にあり、そこまで混雑しておらず、気候も程よく、蚊も少なく、とても過ごしやすくベストな時期だと思っている。 昨日は約2年振りにお会いする方…

軽井沢プリンスに「new balance」アウトレット登場。掘出し物を発見。

軽井沢プリンスに「new balance」アウトレットオープン 2019年3月29日、軽井沢プリンスショッピングプラザに待望の「new balance」のアウトレット店舗がオープンしました。このところテナントの入れ替わりや、リニューアルが多く新陳代謝が進んでいる印象の…

小諸「懐古園」名物。上から目線の桜見物。

※昨年撮影した写真を使用しています。今年の開花はまだまだです。(4/12現在) 東京の開花から遅れること約半月。毎年4月中〜下旬に見頃を迎える長野県内の桜。中でも小諸市内の懐古園(かいこえん)は、小諸城址の立派な石垣の上を散策しながら、眼下に満開…

半世紀以上経過した「マムシの焼酎」。

家に帰るとリビングに「マムシの焼酎」。 聞くと、同居している義父がスキーで転倒し、打身ができたと。それで、この「マムシの焼酎」を引っ張り出してきて使ったそうだ。「...............」。マムシの生々しい姿と、その用途に頭に???がたくさん浮かん…

なぜ新幹線通勤をするのか。そこまでして通う本当の理由。

新幹線通勤を始めた理由。 私が新幹線通勤を始めたのは6年前の2013年5月。学卒で今の会社に就職して6年が経過したタイミングだった。それまでは横浜に住み、夫婦それぞれ都内で働いていた。結婚して住居の購入を考え始めた時に、マンション・戸建、都内・郊…

ブログをはじめる理由。

なぜブログをはじめるのか。 高校の頃から続く、日記兼メモ帳のようなノートが18冊もある。年1冊のペースだが、大学2年の頃からmixi、facebook、Evernoteなど、ウェブに記録を残す習慣がはじまり、ノートの更新は徐々に減った。 社会人からシステム手帳を持…