二つを一つに

仕事は東京、住まいは長野。移住と通勤、日々の記録。

MENU

小諸で一番美味しい蕎麦を求めて。

そばが好きです。

うどんも好きです。特に秋田の稲庭が好きです。ラーメンも好きです。神泉のうさぎが好きです。小諸に移住して思ったこと、そば屋が多い。当時は正直、そばはさっぱりし過ぎていてあまり好んでは食べませんでした。が、もう若くなく、年を重ねるほどにそばのおいしさ、奥深さがわかるようになってきました。と言ってもまだ序の口です。小諸ほか界隈で美味しいお蕎麦を求めて、まずはぐるりと全店制覇できるように地道に回り続けます。この記事がそば好きの方、信州に来たのだからそばを。とお考えの方の参考になれば幸いです。随時更新していきます。完全に個人の感想による内容ですのでその点、予めご容赦ください。そばは好みが分かれると思います。

ずばり、小諸で一番美味しいお蕎麦は?

小諸界隈にはいったい何件の蕎麦屋があるのか未だにわかりません。機会がある毎に新しいお店に立ち寄るようにしています。これまで訪れた蕎麦屋の中で一番美味しいお蕎麦はどこか。結論、一番は決められません。なぜなら、その日、その時の気分や体調で食べたいテイストが変わるからです。その日の気分でお店をチョイス!が正解のような気がしています。それくらい味が違います。蕎麦、本当に奥が深いです。

小諸、選りすぐりの3品。

小諸にお出での際は、まずこちらを!的なスタンダードを勝手にセレクトします。正直、どのお店のどのメニューを選んでもおいしいお蕎麦に出会えます。長野で、ん?という味の蕎麦には某観光地の某幹線通りの店舗でしか出くわしたことがありません。小諸界隈のどのお店も味にこだわりを持って提供されているのが店内の雰囲気からも伝わってきます。それぞれお店毎にお蕎麦の特徴が出ていて、その違いを楽しむことができます。そば好きにはこの上ない環境です。

① 笊蕎麦・刻(ざるそば・とき)ざる ¥700

東京在住で小諸には蕎麦を食べに行くという方から教えて頂いたお店です。シンプルでおいしい。蕎麦は素材の味がそのまま楽しめるシンプルな食べ物、そのシンプルさを純粋においしいと感じられるのは簡単なようで難しいように思いますが刻さんのそばはシンプルでおいしい。なので時に無性に食べたくなる。初めてこちらのざるそばを頂いた時にわざわざ遠方から足を運ぶ理由がわかりました。小諸にお越しの際はぜひ、まずは刻さんへと思います。大手町の駐車場(2時間無料)から徒歩1分。

② そば七(そばしち)「手びきざる」¥1,200

石畳の風情ある街並みにあるそば七さん。頑固なご主人(店内に張り紙あり)、こだわりの蕎麦を楽しむことができます。特に数量限定の手びきざるは蕎麦の薫りがしっかりと感じられ、食べ応えのあるお蕎麦です。さっぱりとみずみずしくとてもおいしいです。蕎麦を待っている間に、お通し的に蕎麦をフライしたスナックを出してもらえます。これがまたおいしくバリバリとどんどん食べてしまいます。お土産でも売っている時があるようです。こちらもおすすめ。

③ 菖蒲庵(しょうぶあん) 天ぷらせいろ ¥1,750

小諸市街地から離れた場所にある蕎麦屋さんです。ヘリポートがあることで知られています。浅間や小諸の町を一望することができる素敵なロケーションです。こちらもとてもみずみずしいシンプルな蕎麦です。天ぷらせいろをおすすめします。蕎麦と天ぷらのコンビネーションが最強で、蕎麦の味、天ぷらの味、量、ともに完璧です。お座敷もあるため、小諸にゲストが来た時に出かけることが多いです。 

小諸界隈/蕎麦屋情報(随時更新)

・笊蕎麦 刻(ざるそば とき)

 長野県小諸市大手1-3-14 大手門公園駐車場利用が◎徒歩1分。
 営業時間 11:00〜 / 定休日:不定休 / TEL 0267-22-0246

 ★★★★☆ 二八。ザ・ベーシック。個人的に小諸一の推し蕎麦です。

ざる

かけ

そばがき

・そば七(そばしち)

 長野県小諸市大手3-1-2 近隣に専用駐車場あり。
 営業時間 [月~金] 11:30~15:00 17:00~20:00 [土・日・祝] 11:30~20:00
 定休日:火曜日 / TEL 0267-22-7688

 ★★★☆☆ 二八。香り高い食べ応えのあるお蕎麦。手びきざるをぜひ

・菖蒲庵(しょうぶあん)

 長野県小諸市大杭1075 駐車場あり、ヘリポートあり。
 営業時間11:00〜15:00/定休日:月曜日と第2火曜日 /TEL 0267-22-7582

 ★★★★☆ 外二。みずみずしい蕎麦。天ぷらも景観も絶品です。

・丁子庵(ちょうじあん)

 長野県小諸市本町2-1-3 駐車場あり。営業時間11:00〜18:30
 定休日:4~11月無休、12~3月火曜日・水曜日 /TEL 0267-23-0802

 ★★★☆☆ 二八。手打ちそば老舗。蕎麦は勿論旬なネタの天ぷらも◎。

 

・凱(とき)

 長野県小諸市大字滋野甲591-1 駐車場あり。
 営業時間11:30〜15:00/土日はCAFE営業 15:00〜17:00
 定休日:月曜日・最終火曜日 /TEL 0267-31-0927

 ★★★☆☆ 二八。小諸唯一無二のカフェスタイル。豊富なオリジナルメニュー

・草笛(くさぶえ)小諸本店

 長野県小諸市古城1-1-10 駐車場あり。懐古園駐車場の利用も。
 営業時間11:00〜15:00/定休日:無休 /TEL 0267-22-2105

 ★★★☆☆ 七三。懐古園敷地内のザ小諸のお蕎麦屋さん。当たり前においしい。

・地粉や(じごなや)

 長野県北佐久郡御代田町大字塩野520-2 駐車場あり。
 営業時間 11:00~14:00/17:00~20:00。定休日:火曜日。TEL 0267-31-6663

 ★★★★☆ 二八。御代田育ちの霜下そばとご主人。香り高くみずみずしい

 

間も無く、秋の新そばシーズン。

こちらの蕎麦ページ、随時更新して参ります。2019/9/4更新。

 

小諸は硬水!?「弁天の水」へ希少な軟水を汲みに。

小諸は硬水!?に移住して水の違いに驚いた。

6年前に移住して間も無く、家の水道水で洗車し、拭き上げて少し経つと、窓に白い斑点が浮かび上がった。話を聞くと、小諸は硬水の地域が多いらしい。これまでの人生で水道水の質など、気にもしたことがなかったがよくよく調べると小諸の水(小諸界隈の水)が特徴的であることがわかってきた。我が家では定期的にわざわざ、この「弁天の水」に軟水を汲みに行く。弁天の水はとても冷たくてクリアで飲みやすい。しかしながら、単に美味しいから水を汲みに行っているわけではなく、必要だから行っている。ちなみに自宅の水道水は、料理、飲料には何不自由なく使っている。紅茶は硬水の方がおいしく出るとか何とか言いながら楽しんでいる。水道水が硬水のおかげで水の味や質に敏感になったような気がする。

わざわざ弁天に水を汲みに行くのは、機械のため。

水道水が硬水で唯一困ること、水垢と機械のフィルターなどの目詰まり。ミネラル成分が多いために蒸発散時に成分が残り、白い塊が目に見える形で残る。それが半年、1年、2年と蓄積すると機械のエラーの原因になることがある。温熱装置や加湿器など水を定期的に必要とする機器に硬水を注ぎつつけるのは不安なため、弁天の水を利用している。汲む量はお酒の一升瓶を2ケース分。

毎分2トン、硬度60度の軟水。

石垣から2箇所、毎分2トンもの勢いでキンキンに冷えた湧き水が溢れ出ている。昔はこの水がこちらの地域の水道として使われていたそう。水を汲みにくる人が次から次に来る。住宅街の細い道を進んだ先にあるため、道も駐車場も譲り合い。あまり長居することはできない。本当に水を汲むだけの場所。農家の人が大きなタンクに給水していたり、近所の人が野菜や果物を冷やしていたりと弁天の水が地域に根ざしているのがわかる。

水道水を飲める国は9ヶ国、海外は硬水、日本は軟水が多いらしい。

水について調べ始めると国交相のデータに行き着く。昨年の発表では、水道水をそのまま飲める国は9ヶ国しかないそう。海外に硬水が多い理由は、地形と土壌の関係。ミネラル豊富な石灰質の土壌や、緩やかに流れる運河。水にミネラル成分が豊富に溶け出す環境が整っていることが理由だそう。日本に軟水が多いのは土壌と、急峻な山並みで水流が早いことが理由。正直この分野は全くわからないが色々と読み込むとそのような理由が多かった。住んでいる地域、小諸、東信は硬水の条件がそろっているのか。標高600~1000mほどの高地、浅間山の火山性の土壌。気になって小諸市のサイトを検索。(下記資料は市HPを参照)

小諸は水系16系統。軟水と硬水が混在している。

小諸の水道水は多くの水源を有している。いずれも湧き水か深井戸の天然水。水道法で定められている減菌処理のみでそのまま飲用することができる。蛇口からミネラルウォーターが出ているような状態。軟水と硬水の区分は、市の西側が軟水、東側が硬水の傾向があるそうだ。一番硬い地域は柏木水源243mg/lとエビアンヴィッテルなどの欧州系のミネラルウォーターに継ぐ硬さ。我が家が位置するのは市内のほぼ中央。推測だがおそらく硬度は100~200mg/lの間ではないかと思っている。今度役所の方に聞いてみたい。

そもそも軟水・硬水の基準とは?

水の硬さは、水1000mlに含まれるカルシウムとマグネシウムの量で表される。WHO(世界保健機関)の基準では、120mg/l以上を「硬水」、以下を「軟水」としている。ちなみに弁天の水は60mg/lの軟水。一般的な区分では、硬度0~100mg/lを軟水、101~300mg/lを中硬水、301mg/l以上を硬水とするそう。見た目は同じでも、ミネラルの含有量により、水にも風味が出る。軟水は口当たりが軽くごくごく飲め、硬水は風味、味がする。

  • 軟水  0~100mg/l
  • 中硬水 101~300mg/l
  • 硬水  301mg/l以上

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  • 小諸の水道水 20〜243mg/l (推定:自宅 120~200mg/l)

このスイカ、おそらく近所の方かと思うがキンキンに冷えていた。水温は不明だが、真夏でも、手が冷えてジンジンするほど水温は冷たい。

水を汲んだ後は浄財を。おそらく地域の方が維持管理され、長年この環境が保たれているのだと思う。いつ行ってもとても綺麗に整備されている。

今回の分とコーヒー用にミニボトルで給水。

自宅から5分。近所に風情を感じることができ、かつ機械の救世主となる水が安価で手にすることができるこのスポットに支えられている。ちなみにランニングをする時は弁天を目指して走り、給水してひと息つくルート設定にしている。

 

参考URL

小諸市「弁天の水」

www.naganokenyaku.or.jp

小諸市水道事業のブログ(詳細な情報が綴られており興味深い)

ameblo.jp

国交相 水道水が飲める国 9ヶ国の件

www.mlit.go.jp

スモモも桃も桃のうち。直売所「浅間のかおり」へ調達に。

信州は果物王国。スモモは収穫量全国1位、シェア6割!

りんご、ぶどう、もも、ブルーベリー、いずれも収穫量トップクラス。中でもはシェア6割とダントツの日本一。ちなみに二位はシェア3割の北海道。私の住む東信地域では7月頃から様々な品種が直売所に並びます。我が家では、数年前に小諸の駅前で購入した幻のあま〜〜いスモモの味に衝撃を受け、以降毎年スモモの時期を楽しみにしています。この日は小諸の直売所「浅間のかおり」に調達に。

小諸、佐久、御代田・軽井沢、どこからもアクセスの良い立地の「浅間のかおり」こちらの代表の中村さん、実は移住した年に小諸のキャンプのイベントでお会いしたことがあり、当時はこちらの直売所のオープンに向けて準備をされている真っ只中でした。直売所の可能性や、長野県内の直売所事情など、その当時色々とお話を伺った記憶があります。この記事を書くにあたり、日本一の直売所はどのくらいの規模なのかふと調べてみると、日本一は福岡の糸島にあるJAの直売所。年間40億円を超える売上だそうです。長野県、東信地域には直売所が点在しています。中には、野菜毎、果物毎、時期毎に買い出し先を決めているマスター級の強者もいるそうです。今度指南を受けるべく、インタビューする予定です。

長野県は6次産業が盛ん?事業者登録者数全国ダントツの一位。

6次産業とは、1次産業、2次産業、3次産業の組み合わせ。1+2+3=6。という具合の単純明快なネーミング。具体的には生産、加工、流通・販売までを一手に担う新たな産業のカテゴリーを示す言葉のようです。長野県の事業者登録数一位という数字は、それだけ生産者側が既存の枠組みだけに捉われずに新たな取り組みが盛んであることの表れかと思います。

小諸の宮嶋さん、株式会社サノバスミス。

小諸に移住して知り合ったりんご農家の宮嶋農園さんはりんごのお酒、ハードサイダーの生産、加工、流通に取り組んでおられ、とてもスタイリッシュで活況な様子が日々SNSから流れてきます。若手が大活躍されているとても良いモデルなのではないでしょうか。アパレル業界で言う、製造小売業業を指すSPA(Specialty store retailer of private label apparel)の農業版。作物を育てる本来の一次産業から発展して自分たちで開拓していく姿はとても印象的です。とにかく好きで楽しそうに取り組まれています。近くもっと詳しく話しを伺いたいものです。

hardcider.jp

「浅間のかおり」の話に戻ります。店舗は大きくはありませんが所狭しと旬な野菜果物が並んでいます。

ももも出始め。有名な三岡の桃も大変リーズナブルプライス。信州は夏でも朝晩は肌寒いほど寒暖の差があります。そのおかげで甘みも増すのだと思います。ぶどうも、りんごも同じ。

そしてお目当のスモモ、プラム、プルーンを調達。

ちなみに「スモモ」と「プラム」と「プルーン」、この違い、使い分けは?と調べてみると、すべて同種の果物で、「プラム」が総称的でその中に「スモモ」と「プルーン」が存在すると。「プラム」と呼べば間違いなく、直売所ではその区分、「プルーン」or「スモモ」、さらにはその中の品種名まで紹介されている。

この白い粉のような斑点が新鮮な証だそう。

今回は2種類のプラムを購入。片方はすぐに食べても甘く熟しており、もう片方はまだ採れたて感があり、数日置いた方が甘くなりそう。プラムは収穫してから徐々に酸味が落ち着いていくそうで食べ頃を見極める必要があるとのこと。

家に戻り水で少し冷やしてがぶり。子ども外で遊びながらパクパク三つも食べてました。

果物の他にも野菜、きのこほか旬なものが所狭しと並んでいます。

とうもろこしの試食、しかも生!

フルーツ級に甘いとうもろこしを購入し、さっそく蒸していただきました。

これから秋にかけては、スモモ・プルーンの後半の品種、そしてりんご(秋映)、ぶどうと信州の実りの時期が本格化していきます。秋のやさい、きのこ、食欲の秋がやってきます。 

こちらは頂き物の「冬瓜」(とうがん)、貝柱出汁のお吸い物で頂きましたがとても上品な味でした。直売所にはいろんな野菜、果物がならんでいてわくわくします。そしてリーズナブルで新鮮でおいしい。特にこれからの時期、おすすめです。

 直売所 「浅間のかおり」

住所:長野県小諸市御影新田493-1
TEL:0267-46-8548
営業時間
夏期(5月~11月) 7:00~18:00
冬季(12月~4月) 8:00~18:00
定休日:冬季(12月~4月)のみ火曜日定休 (夏期は無休)

https://www.facebook.com/asamacitizen/