二つを一つに

仕事は東京、住まいは長野。移住と通勤、日々の記録。

MENU

Uターンの若手農家さん。御代田町の「星と蜂のメロン」今年分の注文は8月3日まで!

Uターン組の若手農家さん

子どもの学校を通して知り合った竹内さんは御代田町でメロンを中心に様々な作物を育てている若手農家さん。私たちと同じUターン組で長野に戻ってきた時期も、子育てがきっかけとなったことも同じ。そして子どもを通わせている学校も同じで移住して以降とても身近な存在のファミリーです。

hoshitohachinomelon.shop

先日、お願いしていたメロンを受け取りに畑にお邪魔しました。大きなハウスにメロンがぎっしり。出荷直前のこの時期は水の供給を止めて土も葉っぱもカラカラ。玉に養分を集中させることで甘い熟した果実になるそう。はじめて見るメロン畑に子どもも親もテンションが上がりました。知らなかったですが、メロン畑では蔓を上に伸ばして、蔓1本にメロン1玉。養分を集中させることでたわわな果実に育つそうです。

「星と蜂のメロン」

浅間の麓に位置する御代田町は、標高800mを越える高原。朝晩の寒暖の差が激しく、高原野菜、ぶどうやリンゴ、桃の栽培が盛んに行われています。実はメロンの栽培は珍しいそうです。約40年前に竹内さんの祖父母が長野県内で初めてメロン栽培をスタート。交配は蜜蜂による自然交配。夏場でも夜間は肌寒い御代田、軽井沢。果実は昼夜の寒暖差で熟成し甘みが増します。「星と蜂」、自然の甘さの秘訣が表現された素敵なネーミングです。軽井沢町内のホテルなどに直接納品もされているそうで、一般のスーパーには出回らないとのこと。WEBで注文を受け付けており、贈答用やお盆のお土産におススメです。我が家も今年は自宅用含めて4玉購入しました。

メロンは収穫してから数日後が食べごろ。へたがしおれ、底がやわらくなった頃がサイン。素人には判断が難しいですが、メロン毎に食べごろの時期を記したタグを付けてもらえるので安心です。

大小様々なメロンたち。大きくて綺麗な玉はプレミアムもの。価格もプレミアム。

写真のメロンは8/9〜13が食べごろ。

マスクメロンのシワに惚れ惚れ。もはや作品。

4月に種を植え、7~8月に収穫。数えきれないほどの工程と、昼夜問わずのハウスの環境管理、予期できない天候など苦労考えると、目の前にあるメロンが作品のように思えてきます。来年はOKがもらえればシーズンを通して取材したいなとも思っています。

自宅で頂いたメロン。汁まで濃厚です。

大きなガラスのハウスが4棟。

子どもたちは大きなヤードと農道で大はしゃぎ。

高原の大地では、様々な野菜、果物が育てられています。土壌は浅間の火山灰?寒暖の差の良いところもあるかと思いますが冷えすぎるので注意する点も多々あるかと思います。直売所で当たり前のようにおいしい野菜果物を頂いていますが、その背景ストーリーをこの地で生活しながら全く理解できていないと感じました。もう少しちゃんと理解していこうと思います。

ハウスの前にあるイチジクも収穫どき。

とてたてのイチジクもお土産にいただきました。 

そしてキャベツも収穫どき。

とても立派なサイズ。こちらもお土産にいただきました。採れたてはみずみずしく甘みを感じます。

 

星と蜂のメロン

ことしの注文はあと3日。8/13まで。ぜひお試しください!

御代田のメロン、最高です。

hoshitohachinomelon.shop

 

 

庭のハーブでトスカーナ風フライドポテト、通称ガリガリポテト。

重宝する庭のハーブ

梅雨時から家のまわりの植物がぐんぐん成長し、緑に囲まれるシーズンになります。我が家にはブドウ、ブルーベリー、梅ほか、様々な野菜が季節ごとに収穫できます。中でもハーブはちょっとした料理に使え、摘んだばかりのフレッシュな香りを楽しめるためおすすめです。ほったらかしていてもタフで年々増えてくれます。

ハーブたっぷり「トスカーナ風フライドポテト」

タイム、ローズマリー、セージのハーブとたっぷりのニンニクを使い香り付けしたオイルでじっくり揚げるフライドポテトです。我が家では独特の食感から通称「ガリガリポテト」と呼んでいます。一般的なポテトフライとは揚げ方が少し異なります。一度試すと、ハーブの香りや、ザックザクでガッリガリの食感が病みつきになり、手が止まりません。7月~9月にかけての我が家の定番メニューです。 

作り方は簡単、低温&高温の二度揚げ。

写真の通り、ポテトとハーブとニンニクを皮付きで丸ごとフライパンに入れ、ポテトが浸かるほどオイルを注ぎます。ポイントは常温のオイルの状態からゆっくりじっくり低温で揚げる(火を通す)こと。そうすることで外はガリガリ、中はホクホクになります。

レシピのまとめ

材料:じゃがいも、薄力粉・強力粉、油、塩・胡椒、ハーブ。

①ジャガイモをカットし、たっぷりの水につける。(できれば1時間ほど)

 ⇒でんぷんを流すことで表面がカリっと仕上がります。

②水気をよく切り、粉をまぶす。薄力粉:強力粉=1:1ほど。

 ⇒強力粉によりガリっとした食感になります。

③ポテト、ハーブ、ニンニクを鍋に入れ、常温オイルを注ぎ、二度揚げ。

 ⇒低温160°でじっくり、火が通ったら一度取り出し、最後に高温180°できつね色に。

 

塩コショウを適量まぶして完成です。チリパウダーやカレーパウダーをかけても〇です。手早くさっさとできるため、ちょっとしたおつまみや子どものおやつにも最適です。

BBQの時にも好評です。炭火は火加減が難しいため、一度揚げでもOKでした。余ったハーブはレモンやライムを入れてハーブウォーターにしてもよいです。たっぷりライムに、たっぷりガムシロ、そこに炭酸水を注いだライムソーダがとてもら爽やかで最近のマイブームです。

トスカーナ風フライドポテトで検索すると沢山の記事、レシピが出てきます。様々なやり方を試してお好みのオリジナルレシピを作るのも楽しいかもしれません。夏のシーズンにオススメです。

matome.naver.jp

 

new balance のスポーツサンダルの調子がよい。

ビーサンでもなく、スリッポンでもなく

梅雨が長引いていますが、本格的なサマーシーズンを前に初めて試すタイプのサンダルを夫婦それぞれ購入しました。new balanceのサンダルです。スポーツサンダルと呼ばれるカテゴリーでサンダルでありながらスニーカーのクッション性があり、しっかりと足全体にフィットするため、ビーサンのようにペタペタとルーズになりません。それでいてサンダルの開放感。約半月ほどの旅行でさっそく活躍し、とてもとても調子が良いのでメモを残します。

スニーカー感覚で使えるフィット感抜群のサンダル

爪先、甲部、踵部の3カ所でフィット調整が可能なスポーツサンダル「SD750」と「SDL600」を購入。さっそく長期旅行での移動・機内 〜 町歩き・ビーチ・プールで利用しましたがフィット感抜群でとても快適でした。海の砂など少し心配していましたが、実際は全く気にする事なくシャワーを浴びる時に丸洗いで砂も流す事ができ、ベランダで半日もあればカラッと乾いてしまいます。

写真右が「SD750」、左が「SDL600」

3カ所でフィット調整が可能、それぞれホールド位置が異なります。右の「SD750」の方が足の甲部分のホールドが1本多いため、より安定しますが、なくても十分なフィット感です。妻は写真左の「SDL600」の方がスッキリしていて良いと選んでいました。

「SD750」

「SD750」(左)、「SDL600」(右)

梅雨明けが待ち遠しいですが、お休みの日、旅行、アウトドア、ビーチ、フェス、ちょっと近所までのつっかけとして活躍してくれるアイテムです。平日は仕事も含めてほぼスニーカーの私ですが、OFFの日はこのサンダルが定番になりました。おすすめですが、WEBや直営店では欠品が続いているようです。サイズは1cm刻みのため、普段00.5cmの中間サイズのスニーカーなどを履いている場合は、ワンサイズ上をおすすめします。ジャストサイズだとバンドなどもやや窮屈に感じ、サイズ交換をしました。

shop.newbalance.jp